第1回 FCCAシンポジウム
FCCAグライコサイエンス若手フォーラム2014

  本シンポジウムは、糖質関連の化学・工学・生化学・生物学等を研究対象とする若手研究者および 学生の交流を目的としております。普段は交流のない様々な分野の研究者により、糖質科学を多 角的に議論し、次世代の糖質科学の礎を築く場にしていきたいと考えております。本年は、糖鎖 インフォマティクス若手の会と合同開催し、視点を情報科学にまで広げ、更に深い議論を行いま す。専門家の先生方のご講演と若手研究者による発表(口頭またはポスター)を行い、講師の先 生方をお囲みした交流会を予定しております。

  発表形式は事務局へ御一任下さい。(学会とは異なりますので、他分野の方にも理解できるよ うにお願い致します。) また、企業にお勤めの方でしたら商品の説明でも構いません。経験のある 研究者の聴衆としての参加も歓迎しております。糖質をキーワードに新たな研究を展開し、新し い着想や人脈を培うきっかけになれば幸いです。是非、お気軽に御参加下さい。


主催: グライコサイエンス若手の会
共催: FCCA、糖鎖インフォマティクス若手の会
日時: 平成26年8月13日(水)(日本糖質学会のポスト開催)
       10:15~17:00 (9:50〜 受付)

会場: 野依記念学術交流館(464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学東山キャンパス)
          http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/congre.html

内容:
1. 招待講演

    柿沼 浩行 先生 (大正製薬(株) 医薬化学研究所)
「5−チオグルコース誘導体ルセオグリフロジンの創製」

    奥野 恭史 先生 (京都大学)
「創薬計算を事例とした分子デザインの現状と可能性」

2. 若手研究者 (学生も含む) による一般講演及びポスター発表

3. 交流会


定員: 50名


参加費:無料(交流会費:一般4,000円、一般発表者・学生・FCCA会員2,000円、学生発表者無料)
口頭発表申込締切:平成26年7月21日(月) 平成26年7月31日(木)まで延期しました!

参加受付へ
要旨のテンプレート



問い合わせ:(fcca_glyco_wakate atmark googlegroups dot com)


戻る